NYアンダーグラウンドの「闇」を不法移民の目で捉えていくと?(dmenu映画)
アメリカ映画は主にハリウッドで作られる娯楽重視型の作品と、ニューヨーク(以下、NY)を拠点とするクリエイターたちによる芸術肌の作品に大別する捉え方がある。

特にNYはインディペンデントの面々が現代社会の諸問題への対峙も含めて、自分たちの作りたいものを自分たちで作り上げるといった映画作家的意識が強いようにも思われる。ジョン・カサヴェテスやウディ・アレン、ハル・ハートリーなどNY派の映画作家として日本でも評価の高いクリエイターは数多い。想田和弘監督も現在はNYに在住しながらクリエイティヴな活動を続けている。

[紹介元] dmenu映画 – エンタメ – Yahoo!ニュース NYアンダーグラウンドの「闇」を不法移民の目で捉えていくと?(dmenu映画)