「アクアマン」筋トレ秘話、水中時速160km&150倍腕力の体はこうして生まれた(映画ナタリー)
DCコミックを映画化した「アクアマン」より、主演を務めたジェイソン・モモア、監督のジェームズ・ワンによるコメントが到着した。

【動画】「アクアマン」日本版本予告(メディアギャラリー他3件)

海の生物を操ることができる男・アクアマンが、人類征服をもくろむ海底王国アトランティスの凶悪な敵と戦うさまを描いた本作。アクアマンは時速160kmで泳ぎ、人間の150倍もの力を持つキャラクターだ。そんなアクアマンを「ジャスティス・リーグ」に引き続き演じたモモアは、「毎日筋トレとダイエットの繰り返しだ。スタントもコリオグラフィーもこなせるように、とにかく運動したんだ。筋肉を作るのには少なくとも日に2時間のトレーニングが必須だった」と役作りを述懐している。

ヒロイン・メラ役のアンバー・ハードもアクションシーンのために過酷なトレーニングに励んだ。彼女は、ウーシューと呼ばれる太極拳に剣術などを取り入れたスポーツの練習も行ったという。ワンは「容易な映画ではなかった。すべての役者が厳しいトレーニングをしなくてはならなかったからね。でもアクションシーンに関して不安はなかった。素晴らしい仕上がりになることはわかっていたんだ」と俳優陣への信頼を明かしながら、制作を振り返った。

「アクアマン」は、2月8日より全国ロードショー。このたびハードの来日も発表された。自作のプロモーションとしては初来日となる彼女は、2月4日にイベントに出席する予定だ。

(c)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & (c)DC Comics”

[紹介元] 映画ナタリー – エンタメ – Yahoo!ニュース 「アクアマン」筋トレ秘話、水中時速160km&150倍腕力の体はこうして生まれた(映画ナタリー)