「アンダー・ザ・シルバーレイク」監督が語る日本からの影響「任天堂が大好き」(映画ナタリー)
明日10月13日に封切られる「アンダー・ザ・シルバーレイク」より、監督デヴィッド・ロバート・ミッチェルのインタビューコメントが到着した。

【動画】「アンダー・ザ・シルバーレイク」予告編(メディアギャラリー他13件)

米ロサンゼルスのシルバーレイクを舞台とする本作は、アンドリュー・ガーフィールド演じるオタク青年サムが、失踪した隣人の美女サラを捜す中で巨大な陰謀へと迫っていくサスペンス。ミッチェルが、“お泊まり会”に参加した若者たちの青春の輝きを捉えた「アメリカン・スリープオーバー」、執拗に追跡してくる“それ”に取り憑かれた主人公の恐怖を描くホラー「イット・フォローズ」に続き発表した長編3作目となる。

「アンダー・ザ・シルバーレイク」には「スーパーマリオブラザーズ」のマリオや「ゼルダの伝説」のリンクといったゲームキャラクターが登場するなど、日本文化の影響も。自身もゲーマーというミッチェルは、人々がゲームに惹かれる理由を「今は世の中からミステリーが消えているから、そのミステリーをゲームの中に探しているのではないか、普段の生活の中になくなってしまった謎や冒険みたいなものをゲームが与えてくれているのではないかと思っています」と分析する。そして「任天堂が大好きなので劇中に取り入れました。ただ私だけじゃなく、世界中の人がビデオゲームにこだわりを持ち、愛着があります」と語っている。そのほか日本の映画監督では小津安二郎、黒澤明、鈴木清順、園子温、庵野秀明からの影響も明かした。

これまで手がけた3作品はドラマ、ホラー、ミステリーと異なるジャンルに属すが、キャラクターの共通項として「これから大人になろうとしている」という点を挙げるミッチェル。「アメリカン・スリープオーバー」では「理想化された青春=神話」を、「イット・フォローズ」では「青春期における不安や不穏さ」を描いたという。そして「アンダー・ザ・シルバーレイク」に関しては「30代の社会に適応できない男性が大人らしくない行動をとる。3作の中でもっとも不穏な、そして嫌な感じがするものだと思います」と語った。

「共通点があるのは偶然」としながらミッチェルは、「3作は自分の頭の中の異なるセクションから出てきたもの。毎回、今までにないユニークな映画を作りたいと思っています。いずれにしろ、私は自分が面白いと思うものを書いている。ドキュメンタリーでも、実体験のレポートでもなく、3作とも自分の想像からできあがっている」とコメントしている。

「アンダー・ザ・シルバーレイク」は、東京・新宿バルト9ほか全国で順次公開される。初日となる明日は、同劇場にて映画評論家・町山智浩によるトークイベントも実施。また初日の鑑賞客には先着でオリジナルステッカーがプレゼントされる。なお明日から10月26日にかけては東京・UPLINKで同作の公開を記念した特集上映「デヴィッド・ロバート・ミッチェルの世界」も行われる。

(c)2017 Under the LL Sea, LLC

[紹介元] 映画ナタリー – エンタメ – Yahoo!ニュース 「アンダー・ザ・シルバーレイク」監督が語る日本からの影響「任天堂が大好き」(映画ナタリー)