[広告] 楽天市場

  • 【全23色】布団セット 7点 シングル 固わた カバー付き 掛け敷き布団セット 抗菌・防臭 ふとんセット 布団セットシングル 組布団 布団 寝具セット 布団カバー 掛け布団 敷き布団 枕 ふとん 届いたらすぐ眠れる 「送料無料」
  • エアウィーヴ シングル マットレス 高反発 厚さ6cm 洗える 高反発マットレス
  • 【寝心地で選ぶなら一体型!】脚付きマットレス ベッド ベット シングル bed べっど 足付きマットレス 脚つきマットレス 脚付マットレス シングルベット ボンネルコイル マットレス 収納
  • 宮棚&コンセント付き パイプベッド メリッサ 宮付きシングルベッド シングル おしゃれパイプベッド 北欧ホワイト ベッド ベット デザイン家具 ミッドセンチュリー シングルベット スチール フレーム 収納パイプベット 和モダン シンプル カフェ風 アウトレット インテリア
  • 布団セット シングル 防ダニ 抗菌防臭 【極厚】 布団3点セット 掛け布団 敷布団 枕 3点セット 掛け敷き布団セット テイジン マイティトップ 新生活セット
  • 敷布団 シングル 100×210cm 柄おまかせ 京都西川 敷き布団 日本製 羊毛混 ウール50% 羊毛混敷布団【店頭受取対応商品】

シングルに花束を

 

(2017年8月21日韓国放送)

 

花テジン, 母ホ女史と 20年ぶり遭遇 ‘パニック’ (総合)

 

テジンが母ホ女史との 20年ぶりの遭遇に驚愕した。

 

テジンは祖母ソンシルからお見合い相手の写真を見せられると

シングルマザー、ムグンファとの恋愛を告白した。

姉ヒジンが止めたがテジンはムグンファが

娘を持ったシングルマザーという事実まで打ち明けたし, 祖母はもちろん父親サンチョルまで衝撃にとらわれた。
 
祖母はすぐ横になってしまったし,

サンチョルとヒジンはテジンに別離を強要し、怒った。

テジンは予想した家族の反対に大きく傷心したし

複雑な心情になった。

テジンはムグンファにも連絡しなかったし,

翌日交番に訪ねてきた市民を見て

前と違う興奮する姿で感情動揺を現わした。

その間スヒョクは新しい広告仕事を取ったし,

ドヒョンはまじめな姿で父親デガブの点数を取った。

デガブはドヒョンに妹ボラとの仕事を頼んだし,

ジェヒはドヒョンに人知れずスヒョクの居眠り運転の件を

助けたことを言及して  「暇なのか?」と嘲笑った。

ドヒョンはそんなジェヒに父親デガブと内縁妻ホ女史の間で

綱渡るのをまともにしなさいと一針した。

ドヒョンは妹ボラを片思いするジェヒが

デガブとホ女史の間を行き交って

利得を取りそらえようと血眼になった事実が分かったし

「父が知ったらどうなるか?しっかりしろ」と警告した。

 

 

ヒジンは母ホ女史にテジンがシングルマザーとの恋愛宣言で

家の中が大騒ぎだと話した。

ホ女史は息子テジンを心配したし,

そのように母娘が内緒で会って別れる道、

テジンが彼女らを見た。

 

 

テジンは 20年前、離婚後、

家を出て連絡なかった母親ホ女史が

姉と会う姿を見て驚愕した・・・・

 

 

 

 

ポイントテジン, 家族に爆弾宣言後茨の道入る

( 2017年08月22日記事)

KBS1連続ドラマ ‘恋の花が咲きました’のテジンに

手に負えない日々が予告された。

去る 8月21日放送された 61話で

テジン(ト・ジハン)がム・グンファ(イム・スヒャン)との交際において

家族たちの反対にぶつかる姿が描かれた。

彼は見合いを勧める祖母ノ・ヨンシル(ソ・オリム)に

「好きな人いる。 だから見合いはしない」と

物静かだが落ち着いた口調でびっくり宣言を言った。

 

テジンに向けて振り注ぐ質問に答を引き続く中,

父サンチョルが 「家族は・・両親はいるのか?」と問うと

「お母さんとお兄さんがいます。そして娘が一人います」と返事した。

予想できない事実に

衝撃と怒りに包まれたヨンシルを含めた家族たちが

彼の愛に対して決死反対を叫んで

本格的に茨の道に立ち入ったテジンが

険難な日々をどんなにかきわけて行くのか?

視聴者は注目している。

以後家族たちの反対にぶつかったにもかかわらず,

テジンとム・グンファのロマンスはいっそうもっと深くなった。

普段と違い暗く見えるテジンの心配になったム・グンファは

コーヒーを渡して

「チーム長が失礼な男に怒鳴ったからスッキリした。

私の彼氏にあんなことするなんて! 年を取ったわ、

昔なら投げ飛ばしていたわ!」と言いながら

誇張された言いぐさとアクションで

テジンの気持ちを晴らすため努力したし,

ここに彼は 「そうしたらよかったのに‥」と

ムグンファのいたずらを受けてくれてにっこりと笑った。

このように面白いラブストーリーを引き継いで

二人の愛がハッピーエンディングに仕上げされることができるのか?

知りたい事が集まっている。

 

 

シングルを通販でお祝いにいかがですか?楽天での購入が安心ですね

いやあ、スケカナは大自爆大会で、見ているのが辛かったですね。

無良くんはどうしちゃったの?

怪我じゃないならメンタルの問題なのかなぁ…。

何にしても、それなりに国際大会を戦ってきたベテランが、どうすればここまで崩れることができるんだと愕然とするほどの崩れようでした。

これはマズイですよ。
無良くんは、ソチの前もこうやって、戦う前に自滅していきましたよね?

実力も経験も十分あるのに、オリンピックの年になると全くそれを発揮できないのは、もうメンタルトレーナーの力を借りるべきなんじゃないかと、素人ながらそう思ってしまいます。

かつてノブもそうでしたよね?
緊張して、頭が真っ白になってやれることが全然できなくなってミスを繰り返しましたよね?

私は、フィギュアのような、ほんのわずかな心の揺れでミスをしてしまうような競技こそ、メンタルトレーナーが必要なんじゃないかと思うんですよ。

だって、たった一人、大勢の人の見ている前でミスすることの怖さときたら、絶対トラウマになるくらいの恐ろしさじゃないかと思うので。

以前無良くんは「人を蹴落としてまで代表になりたいとは思わない」と言っていましたが、それじゃダメなんですよ。
「自分はこのために4年をかけてきた。どんなことがあっても代表になる!」
くらい言わないと。

スポーツの代表争いは、どれほど強く「絶対自分が行くんだ」と思えるかにかかっていると言っても過言じゃありません。

次のスケアメで表彰台に乗るくらいの気合で、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

そういう意味ではパトリックも「どうしたんだい!」という感じでしたね。

これはあれかな?
ずっとユヅルとハビをライバルだと思っていたのに、SPでショーマにあれだけの点差をつけられてしまったことで、心が折れてしまったのかな?

当然、ロステレの点数も知っているでしょうから、辛いと言えば辛いですよね?

元々、平昌での金メダルを目指して復帰したはずですが、その後の「真・四回転時代」の荒波に、少々乗り切れていない感じがありましたよね?

「自分は、ユヅやハビとは違う道を行く」とうそぶいていた頃には、こんな時代になるとは思っていなかったんじゃないかと思うのです。

もう、モチベーションが続かないのかもしれません。

とはいえ、オリンピックに出れば、金メダルの可能性はあります。

それが団体戦です。

そうなると、シングルの大会に出てメンタルを消耗するより、代表は決まっているでしょうからオリンピックまでモチベを上げて完成度を磨いた方がいいと考えるのもアリです。

4回転の争いに負けてメンタルを消耗することの方が、今のパトリックには恐いことかもしれませんからね。

本当に、今シーズンを最後と考えるベテランの戦い方は難しいです。

ユヅハビを倒すべく4Sまで頑張って身につけたのに「4種クワドってなんだよ!」と、心が萎えちゃったとしても、私はパトリックを責める気にはなれません。

そのくらい、この2シーズンで男子フィギュアは様変わりしてしまいましたから。

まあ、ロスバゲもありましたから、試合に使うエネルギーが切れたのかもしれませんし、どこか不調もあったのかもしれないですけれどね。

不調というと、ポゴちゃんはまたどうしたんでしょう。

というか、ここしばらくポゴリラヤのクリーンな演技が見られていません。

どこか痛めているのでしょうか。
それとも、ロシアっ娘に襲い掛かる「成長期」という名の悪魔に捕らわれてしまっているのでしょうか。

何にしても、怪我でなければいいのですが…。

さて、ショーマは余裕の優勝です。

「今のコンディションでできる限りはできた」
と言っていたので、どこか怪我をしているのかな?と思ったのですが、どうやらペース配分を間違えてしまって、フリーの体力が厳しかったみたいですね。

ただね、ショーマはGP前の抱負で「攻める!!!」と言っていましたよね?

だったら、怪我をしていないのなら構成は落としちゃダメだよ。

「攻める」というのは「勝つために構成を考える」ということではなかったはずだよね?
自分のベストを押し上げるために、常に上を目指すという意味じゃなかったのかな?

今回の試合を見る限り、全然守りに入っていたよね?

まあ、コーチの戦略なんだろうけど、今から守りに入ったらダメだと思うよ、私は苦笑

で、昨日の記事で、ショーマ擁護ととられたのか、感情的な反論コメをほかにもいっぱい頂いています。

それら一つ一つに返信する気はありませんし、ショーマ批判をしたいだけのコメントは承認する気もありません。

「昌磨が結弦くんより綺麗なジャンプを跳ぶことなんてない」
という反論がとても多いのですが、あるんですよ、時々は。

一番私の記憶に残っているのは四大陸の4Loです。
あの時は、大変綺麗な4Loを跳んでGOEも結弦くんより高かったんです。

もちろん、その後、ワールドで結弦くんも同じように高いGOEのループを跳びますが、あの時の私は
「後から習得したショーマに、こんな綺麗なループを跳ばれたらたまらんな」
と思ったものでした。

今季、3Aの前にもベスティスクワットを入れるなど、GOEをもらうための工夫もしてきています。

そういった部分に目を向けないで、いつまでも「昌磨が結弦くんを抜くことなんて有り得ない!」とやっていて、それでもしショーマが結弦くんを抜いたら、その時はなんて言うんですか?

「陰謀だ!」
ってやるんですか?

ジャッジについては、芸術派のジャッジ、技術派のジャッジ、両方が混在しているからこそどちらにも偏らない点数を出せるわけです。

最大と最小の点数を除いて平均しますから、極端な数値にはならないようになっています。

それに、もし、ジャッジ全員が技術にしか重きを持たないジャッジだったら、ジェイソンのような選手はもっと評価されなくなります。

マッシミリアーノさんがジェイソンに言及することはあまりないですよね?
あの人は、スピード感あふれるジャンパーが好きなんだと思います。

でも、もちろん芸術的な演技の選手も評価さ
れるべきなんです。

だからこそ、ジャッジは多様な価値観を持つことが認められているんだと思います。

プレロテやフルブレードについてはので、ここではこれ以上書きませんが、それを掲げてショーマを批判したところで無意味です。

それは、過去の先輩選手達もずいぶん批判されていましたし、今現在でも多くの選手がそれをやっていますので、ショーマ1人の問題ではないからです。

そんな部分にしがみついてショーマを批判していても意味はないんです。

見たくないものから目を背け、現実を認識しないまま自分の望まない結果になった時、人は簡単に誰かを憎みます。

そうならないためには、なぜそうなのかを冷静に分析する必要があります。

誰かを悪者にするのは簡単です。
でも、もしそこに悪者がいなかったら?

みんな、ただ一生懸命にやっているだけだったら?

不毛ですよね?

結弦くんは、一時スコアを落としても、自分の理想を高く掲げ、自分が望む姿になろうと日々努力をしています。
結弦くんが戦っているのは過去の自分であり、目指しているのは理想の自分です。
そして必ず、自分の掲げた目標に到達するのです。

その姿になる途中、失敗もあるでしょうし負けることもあるでしょう。

そこでファンがうろたえて、誰かを悪者にしたところで意味はありません。

私達は、結弦くんが欲しいものを手に入れ、なりたい自分になるのを見届けるだけです。

結弦くんが何を考え、どう戦おうとするのかを、震えながら見守るしかないのです。

というわけで、面倒臭いので今日はコメ欄を閉じます(笑)

私は、ただ真っ直ぐに、結弦くんの信じているものを信じ、愛しているものを愛したいと思います。

以上